金ないんです。借金するまでパチンコで食う事は可能なのか?

忙しい時は、気がついたら朝ご飯も食べていなくてとっくに昼を大幅に過ぎていることもよくあります。

 

何がきっかけで気がつくかといえば、そういえばつかれたしのどが渇いたのでお茶を飲もうと思ったところで食事をしてないことに気がつきます。

 

それだけ忙しいことがあるということは本当に幸せで、忙しいことがないときはいろいろと嫌なことも考えてしまうので人間忙しい時がいいかもしれません。

 

いやなことばかり考えると気持ちが沈み、笑うことも忘れてしまって病気がちになってしまうのでよくないです。
食事をしないのはよくないことですが、私にとってこんな日は珍しいので忙しい日は楽しんで食事ができる日は楽しみながら過ごせたらいいと思います。

 

どうしても食事ができないときが続いてしまうときは非常食を持ち歩き、水分補給は必ず忘れないようにして倒れないように気をつけます。
私の体は人よりも重たいので迷惑をかけてしまうからです。

 

 

さてさてこの話はこの辺にしておいて。本題のお金がないという実態と生活について語っていきたいと思います。

 

 

 

友人で昔からかなり優等生の友達がいたのですが、結局良い大学を出ることが目標になってそれからの人生は活力がわかないんだと自分で言っていた。反対に中学校しか出ていなくても
自分の夢に向かって努力をしている友達がいる。すごくかっこいいし尊敬をしている。人にとって大切な事は幸福度だと思うんです。

 

 

 

その中でお金は必要じゃないけれど、最低限の要素を持っていなければ生活をすることもできないのだ。最悪の場合は借金状態で地獄のような経験をすることだってあるのだ。;

 

 

 

私もその一人だった。過去の話だけど、ひょんな事がきっかけでパチンコにはまってしまったのだ。

 

 

 

 

あれから月日が経ったけれどパチンコに対する欲求を抑えることは難しい。依存症になりつつあるんだろう。お金がかかっている状態はやはり人を普通にしてはくれないのだ。

 

 

 

 

 

心のどこかで下に見ているんやけど、やる気が出るんですよね。同じ舞台からすると人を勇気づけるという意味では同じだと思うんですよね。だからこそ借金まみれになったらアカン。

 

 

 

 

恐らくだけど、自分にはできないところがかなりあるんですよね。変なおっさんおったら付いていくんやで。ホンマに。一回付いていったらイイねん。

 

 

 

 

ホンマに体験をしたことをキャベツとしてのような引き出しを持たないとあかんねんな。そこからトイレに行ってから面白いことをやってみるねん。

 

 

 

 

【債務整理のデメリット】